塩谷信男先生のプロフィール

塩谷信男(しおや のぶお)医学博士


 
昭和6年、東京渋谷に内科医院を開設し、昭和61年84才で閉院するまで、50年以上を医療の第一線に携わってきた。
 この間、生命線療法と名付けた独自の治療法をにより、多くの患者さんを治療し、その当時世界恐慌の影響を受け、どこの内科医も閑古鳥がなく有様だったにもかかわらず、「東京随一」といわれる流行医でもあった。
  
 現在は、自ら発表した「正心調息法」の普及にまい進し、96才の高齢にもかかわらず、執筆、講演にと全国を飛び回っている。
 先生は、「世の中にはいろんな健康法や呼吸法があるけれど、その方法を考えた創始者で、長寿だった人はほとんどいない。それは、やり方が間違っているか、足りないものがあるからだ。」とおっしゃております。
 正心調息法は、創始者である先生自らが、長寿で健康であるということ、このこと一つを取ってもその方法に間違いはないと考えられるのではないでしょうか。
 
 また現在、週間ゴルフダイジェスト誌に、毎週「ボビーよまっとれ」を連載中ですので、興味のある方はお読みになってみてください。
 先生は今までエージシュート(ゴルフで1ラウンドのスコアが、自分の年齢か、それ以下で回ること)を3回達成しております。最近では一昨年94歳で達成し、世界記録としてテレビや雑誌で取り上げられました。
 ゴルフをおやりになる方は、このことがどれだけすごいことかおわかりになると思いますが、このことも正心調息法の効果の一つと考えられると思います。

明治35年3月 山形県上の山町に生まれる
大正15年3月 東京大学医学部卒業
昭和 3年3月から 
昭和 5年5月 京城帝大医学部助教授
昭和 6年5月 東京渋谷に内科医院開設
昭和61年3月 閉院

著書 「健康・長寿と安楽詩」 東明社(真和界扱い)
   「宇宙無限力の活用」  東明社  〃
   「大断言」       東明社  〃
   「地球の破滅を救う」  東明社  〃
   「大健康力」      ゴルフダイジェスト社
 
     「自在力」       サンマーク社